Beautiful DRESS

結婚式のパーティードレス

結婚式に出席するという場合、着物よりもパーティードレスで出席するという人がとても増えてきています。
こういった場合、気を付けなくてはならないのがドレスのカラーです。
花嫁さんのウェディングドレスと同じ白というのは避けるということは基本なのですが、お色直しのカラードレスと色がかぶってしまわないようにするということもとても重要となっているのです。
そのため、黒や紺などのオーソドックスなカラーを選ぶという人も多くなってきているのです。
挙式や披露宴から出席する場合、あまり肌を露出してしまうのはよくないと言われていますので、羽織り物を羽織るのが基本となっているのですが、冬の結婚式の場合、ふわふわとしている毛皮のようなボレロなどは注意が必要なのです。
毛皮は殺生を連想させるという理由から結婚式に着て行ってはいけないものなのです。
二次会から行く場合には毛皮もOKなのですが、挙式や披露宴から出席する場合には注意しておく必要があるのです。
最近では、パンツタイプも人気となってきているのですが、二股に分かれているということから、別れを連想させるということもありますので、着用は二次会からがおすすめとなっているのです。

パーティドレスの選び方

結婚式などのお祝いの席に招待されたときに、パーティドレスなどを着ることがあります。
結婚式に出席する場合には新郎新婦が主役と言うことを忘れてはいけません。
そのためドレスの選び方も大切になります。
新郎新婦よりも控えめにして、主役を引き立てながらおしゃれを楽しむようにしましょう。
選ぶ色は白は新婦のウエディングドレスなどとかぶってしまうので良くありませし、ライトが当たると白っぽくなるものも避けるようにしましょう。
また黒は喪服などを連想させてしまうことがあり結婚式にはあまりふさわしくない色とされているのでポイントで使われているものはかまいませんが、全体的に黒が多いものは避けるようにしましょう。
結婚式がお昼の場合には光る素材のものは避けたほうが良いですし、肌が透けて見えすぎるようなものもあまり印象が良くありません。
ノースリブやちょっと肌の露出が気になるような場合にはストールなどを合わせるようにすると良いでしょう。
丈は短すぎず、長い丈で深いスリットが入ってるものなどは避けるほうが良いので、膝丈くらいにするとよい印象になります。
ドレスがシンプルなものであればコサージュやヘアアクセサリーを少し華やかなものにするのもおすすめです。

Favorite

ラフティング 奥多摩
遺品整理 神戸
海洋散骨
防犯カメラ 大阪

Last update:2018/10/15